シミを解消したい方は、皮膚科で専門的な治療をしましょう。

専門的な治療

化粧水

皮膚科では、皮膚に起こる様々な問題に対して治療の提案を行っています。
シミの場合は、肌表面に起こる症状ですが細胞自体が変化しているため刺激を与えて見ても解消されることはありません。
簡単に言うと、細胞レベルで偏食が起こっているため、それを解消するためには細胞レベルでの改善を行う必要があるのです。
これは、個人ではできることではありませんから、皮膚科での専門的な治療を行わなければならないのです。

皮膚科でのシミ治療には、いくつか種類があります。
代表的なものとしては、レーザー治療でしょう。
これは、スイッチレーザーと呼ばれる色素に影響を与える医療機器を使い、患部にレーザーを直接当てることによって治療を行います。
このレーザーの波長は、肌に浸透しやすく細胞の変色を変える事が出来る効果を持つため、根本的な治療ができます。
ただ、このスイッチレーザーによる治療は、肝斑と炎症後色素沈着と呼ばれるシミには通用しません。
その他の色素沈着であれば解消することが出来るため、症状によって使い分ける必要があるのです。

次にご紹介するのが、フラッシュ光線治療と呼ばれる方法です。
これは、レーザー治療とは異なりフラッシュ光線と呼ばれる光を照射することによって治療を行います。
レーザー治療よりも広範囲に照射することが可能ですし、肝斑やそばかすなどの広範囲の治療にも活用することができます。

そして、もう一つがトレチノイン治療と呼ばれる方法です。
これは、上記ふたつのように専門的な医療機器を利用する方法ではありません。
トレチノイン外用薬と呼ばれる医薬品を患部に塗布することによって、シミを除去することができます。
しかも、色素そのものをどうにかするという方法ではなく、肌細胞を活性化させてターンオーバーを促しその効果によってシミを自然に取り除くのです。
もちろん、ある程度の時間が必要になりますが肌に余分な負担をかけることなく効果的な治療を行うことが出来る優れた方法です。

このように、シミ治療の中でも様々な方法がありますから自分の肌の状態を皮膚科の専門医に診察してもらい、適した施術を行ってもらうようにしましょう。